クロムハーツ アフター ダイヤモンド 加工

クロムハーツ Chrome Hearts

芸能人・海外セレブも御用達の高級シルバーアクセサリー クロムハーツ。
アメリカ・ファッション・デザイナーズ協会 アクセサリー部門最優秀賞を受賞(1992年)し、アメリカのバイカーブランドから瞬く間に世界で注目されるアクセサリーブランドとなった。

人気は若者のみならず、年配層からも幅広く愛されでおり、各社ファッション雑誌にも軒並み掲載されている。

  • 「 MEN’S EX 」( メンズイーエックス )
  • 「 FINEBOYS 」( ファインボーイズ )
  • 「 MEN’S NON-NO 」( メンズノンノ )
  • 「 Men’s JOKER 」( メンズジョーカー )
  • 「 POPEYE 」( ポパイ )
  • 「 GRIND 」( グラインド )
  • 「 SENSE 」( センス )
  • 「 Fine 」( ファイン )
  • 「 Mono Max 」( モノマックス )
  • 「 Ollie 」( オーリー )
  • 「 Begin 」( ビギン )
  • 「 2nd 」( セカンド )
  • 「 Samurai ELO 」( サムライ・イーエルオー )
  • 「 smart 」( スマート )
  • 「 RUDO 」( ルード )
  • 「 CLUEL homme 」( クルーエルオム )
  • 「 LEON 」( レオン )

日本でもメジャーかつ、最高級シルバーアクセサリーブランドの地位を築いた。

クロムハーツの歴史

1989年に設立されたクロームハーツ。
当時大工見習いをしていた、リチャード・スタークを中心に、ジョン・バウマン、レナード・カムフォートの3名によってアメリカはマリブにて開業。

リチャードは当時、木工大工職人として働いていたが、職人の親方が別会社として経営する皮革輸入会社での仕事もする様になった。アメリカのメーカーに皮を販売する際には、愛車のハーレーで営業セールスに行っていたよう。

その際、別会社で同じく皮を販売していたジョン・バウマンと出会う。2人は意気投合しバイク用レザーファッションの共同ビジネスをスタートさせる事となった。
ブランド設立初期は、主にバイカーブランドとして、シンプルなレザーアイテムを生産していた。

既存の商品では納得のいかなかったリチャードは、徐々に「自分自身が身につけたいアイテムの製品を作り始め」「友人の為にも衣装作りをはじめた」その時に出会ったのが、レナード・カムフォート。

当初はシルバーアクセサリーとして制作していた訳ではなく、レザーアイテムのボタン、またジッパー等にクロスボタンや、ダガー等をレザーアイテムに装飾。

そのデザイン性がバイカー達の間で話題となり、徐々にクロムハーツは有名になっていった。

ブレイクのきっかけは アメリカのミュージシャン?

クロムハーツがブレイクしたきっかけとなったのが、
アメリカのロックミュージシャン「ガンズ&ローゼス」がクロムハーツのアクセサリーを愛用していた事から広く認知されたと考えられている。

また、セックス・ピストルズのスティーブ・ジョーンズがミュージシャンの中でも最も早く愛用してくれたとリチャードは語っている。

現在ではローリング・ストーンズとのコラボアクセサリーも手がけ、日本では氷室京介さんのみが、クロムハーツとコラボレーションされている。

クロムハーツのデザインはロック・パンクミュージシャンの中で、絶妙にマッチングしたマストアイテム。

クロムハーツ 人気のアイテム

リング、バングル、チャーム、ネックレス、ピアス、ウォレット、ブレスレット、数々の人気アイテムがあり、人気の甲乙をつけがたいのですが、
現在弊社にて多く承っているアフター ダイヤモンドのデザインをピックアップし、ご紹介させて頂きます。

クロムハーツ アフター ダイヤモンド 加工 は 弊社 ジュエリーマトに是非ともご相談下さい。

クロムハーツ アフター ダイヤモンド 加工キーパーリング 22K

クロムハーツ アフター ダイヤモンド 加工

ベビーファットチャーム 22K

クロムハーツ アフター ダイヤモンド 加工タイニーカットアウトクロスドッグタグ 22K

大阪心斎橋の一等地に弊社は工房を構えております。弊社は完全予約制となっております。ご来店前には必ずお問い合わせよりご連絡下さい。